品質管理
quality

運輸安全マネジメント

貨物自動車運送事業法第二十四条の三で定める輸送の安全に係わる情報

輸送の安全に関する基本的方針

株式会社栗原運輸は、
輸送及びサービスに対する顧客要求事項、法則制要求事項を常に意識し、安全に焦点を当てた輸送業務のレベルアップと安全活動の継続的改善を行い、輸送の安全と顧客満足の向上を図ります。

一、全社員がプロの職業人として高い意識を持ち輸送の安全確保に努めます。
一、法令順守、5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)の積極的な活動を行います。
一、指導教育の場を通じて安全を学び、高い安全意識への改革を実践します。

輸送の安全目標

全ての交通事故撲滅を目標とします。

輸送の安全に対して以下の項目を重点項目とし、責任を持って取り組みます。

輸送の安全重点目標

自動車事故報告規則第2条に規定する事故の目標
重大事故発生目標 0件

2016年度自動車事故発生状況(自動車事故報告規則第2条)
重大事故発生件数 0件

輸送の安全に関する計画
2017年(平成29年4月1日から平成30年3月31日)

以下を重点目標達成施策として実行

  • 高速道路の速度80km遵守
  • 一般道の法定速度以下遵守
  • 点呼の充実強化
    1、飲酒運転の撲滅・アルコール検知器
    2、過労運転防止
    3、健康状態の把握
    4、運行管理者への教育
  • 安全教育の徹底
    1、定期的に安全対策会議の実施
    2、事故防止マニュアルを活用した社内教育の実施
    3、ドライブレコーダー事故映像を活用した教育
    4、安全運転実演研修会
    5、適正診断